スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百億で病院を買い取った人

BJ21「百億円 命の約束」めちゃくちゃ良かったー
蟻谷さんいい人だよなあ。声、古川登志夫だった。
なにより先生がかっこ良かった!恩人のために百億ばーんと出しちゃうとこがもう素敵過ぎるじゃないですか。
「あなたが助けてくださった時はもっと嬉しかった」(うろ覚え)の台詞と優しげな先生の横顔にとろけそうでした。
母が横で見てなくてよかった(笑)

ていうか次回!ききききキリコ、Dr.キリコがーーー!!
声が速水奨ですって…!ど、どうしましょう?動揺し過ぎてまともに字が打てません(落ち着け!)
もうキリコさん出てこないかと思ってたので嬉しくてしょうがないよ。
スポンサーサイト

貴城さんの目力

今日はあまり進んでなかったゲーム製作に没頭してました。肩凝った。

先日のOSK観劇の感想書きそびれたな。
「Dancer~君がいたから~」
ミュージカルっぽいのかと思ったら、しっかりしたお芝居でした。
泣けた…この人(Akihitoさん)の脚本は、重いけどけっこう胸にくるものがある。私は好きかもしれない。もうちょっと時間があればもっと深みのある本格的なお芝居になるだろうな。でも重いのはあれぐらいの時間で私はちょうど良い。
不倫かよ。と最初は引いたが、エレンの境遇を知れば責める気にはなれなかった。かといって最後にエドと結ばれてめでたしめでたし、で終われば多分心に残らなかったと思う。
エレンの行動は衝撃的だった。Akihitoという人の脚本の方向性が見えてきた。前作の「遙かなる空の果て」(でしたか)もけっこう衝撃的な結末だった。
しかし悲劇で終わるわけではなく、それを乗り越えて行こうとする登場人物の熱さというか健気さというか、そういうのが胸に迫ってくるんです。
エレンは逝ってしまったけど、ずっと辛抱して待ち続けてくれた幼馴染のニックの存在が傷心のエドを救う。男の友情…いいですねえ。彼らの過去のエピソードをもっと見たかった。(時間の都合で削られたのかもしれません)
盲目の少女ジュリアがめちゃくちゃかわいかったです。
桂稀さんの悪役、意外に上手に演じられててびっくりした。かわいいイメージしかなかったので。

ショーでは、桂稀さんのソロが聞けて良かった。うまくそれぞれにスポットが当てられていい感じでした。
シャレードの貴城さんの歌が素敵過ぎ。歌唱力もしっかりしてて聞きほれたよ。ダンスでは相変わらず個性的な表現力で見せてくれましたし。
ボレロが新鮮な振り付けでかっこ良かったです。

なんだか久し振りに語ってしまいました。

ブログタイトル変更

長い間放置しておりました…。ここは昔のゲームを懐かしむブログだったのですが、更新せずにほったらかしてたので、タイトルも変更し、ジャンル関係なしのメモとして使うことにしました。

気が向いたらまた昔のゲームに限らずいろいろ語ってみたいなあと。
そういうわけで、こちらもよろしくお願いします。

最近の記事

オリジナルグッズ販売

Tシャツ・トートバッグなどを販売してます。


カテゴリー

リンク

プロフィール

azuki*

  • Author:azuki*
  • 関西在住。女。万年肩凝りと腰痛持ち。
    ねこ2匹飼ってます。
    イラスト活動は「azuki」 か「あずき*」の名前でやってます。
    イラストのお仕事承ります。
    natsanzu☆gmail.com
    (☆を@に替えてください)

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

Copyright © azuki*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。